• プログラミング
    「日本で唯一のWeb専門スクールに行ってきました!」
    2018年1月22日
  • 海外
    「英会話初心者必見!まずは、フィリピンを目指せ!」
    2018年1月27日
  • 雑記
    ヒニョラー必見!頻尿ならでは”あるある”言わせて!
    2018年1月20日
  • オピニオン
    〜風邪で休めないあなたへ〜そんな社会に物申す!
    2018年1月24日
  • 雑記
    「LINE Pay・・・なんでコレ流行んねえの?」
    2018年1月25日
  • 雑記
    「神風特攻隊予備軍の卒アル!?後世に残したい歴史的資料!」
    2018年1月19日
  • 雑記
    「年間12回新幹線に乗る僕がオススメする席の選び方」
    2018年1月26日
  • ヘルスケア
    「バディトレ途中経過〜10日〜」
    2018年2月13日
  • 海外
    「超スパルタ!フィリピン語学留学体験談 !part2」
    2018年1月30日
  • 海外
    「超スパルタ!フィリピン語学留学経験談!part3」
    2018年2月2日
「あぁ腹立つ!日本の労働生産性が低いと言われている理由!」

どうも、カフェからこんばんは。

OTAです。

さて、今日のテーマは「なぜ、日本という国は生産性が低いと言われているのか!!」

ということにフォーカスしてみたいと思います。

せっかく毎日毎日あくせくあくせく働いているのにも関わらず、「生産性低いよね〜JAP〜」

なんて言われた、たまったモンじゃないですよね!?

そこでふと思ったんですよ・・・


そもそも、なんで生産性が低いと言われているの!?

まずは、そもそも生産性ってなんなの?というところから見ていきたいと思います。

生産性(せいさんせい、Productivity)とは、経済学で生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。

一定の資源からどれだけ多くの付加価値を産み出せるかという測定法と、一定の付加価値をどれだけ少ない資源で産み出せるかという測定法が在る。



う〜ん、難しい言葉が羅列されていますが・・・

つまるところ「少ない人員でどんだけ仕事できんの?または、このくらいの仕事量をどんだけ少ない人員でこなせんの?」

という感じなのではないでしょうかね。

逆に言えば、日本は他の国と比べて人員の割に仕事こなせてないってこと??

じゃあ、ちょっと世界各国からみて日本の労働生産性はどうなんでしょう?

OECDデータに基づく2015年の日本の時間当たり労働生産性は42.1ドル(4,439円)。5位の米国(68.3ドル)の6割強にとどまり、順位はOECD加盟35カ国中20位だった。トップ3は、1位ルクセンブルク(95.0ドル)、2位(アイルランド(87.3ドル)、3位ノルウェー(81.3ドル)。


いやいや、めっちゃ低いじゃないすか!!

今の日本社会では、1日の労働時間が長すぎることが問題視されています。

その他にも、最悪なケースでは過労死であったり、自ら死を選んでしまう方がいるのも事実です。

一方、ヨーロッパの方では、1ヶ月、もしくはそれ以上にバカンスを取ったり、

男性でも育児休暇を取れる環境であったり、

それなのに、なぜこうも労働生産性に差が出てしまうんだい(涙)

そんな中、興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。

スペインに引っ越した当時、もっとも驚いたことは、朝出社すると皆でカフェに行って朝食をとることや、「午後一」が16:30であること、そして最低夏休みが一ヶ月と、労働時間が驚くほど短いことでした。

その理由は明らかで、誰もが「働くために生まれてきたのではないから」と言い切ります。
一方、日本人に尋ねると「経済が成り立つわけがない」、「鵜呑みにしてはいけない」と答えます。
しかし、ご存知のようにスペインは国家として成立しており、その上一人当たりの生産性は日本より高く、今年の成長率は日本よりも高いのです。

さて、この違いはどこにあるのでしょうか?
僕の答えは、スペインでは(というより、世界のほとんどの国では)、個人が個人の幸せを追及しているのに対し、日本は個人より和を大切にし、個を犠牲にしているからだと思います。
その和を重んじるために、責任転嫁や必要以上の会議や人間関係に時間を使い、結果生産性が削がれます。
最近も異常に高額なスタジアム建設費やスポーツイベント開催費が取り上げられましたが、和を結ぶ接着剤(実はコンクリのこと)に、多くが使われていることも顕著です。

その和を維持することを、自著に何度も書いたように「日本式システム」と僕は呼んでいます。
日本は生産性の向上より、日本式システムに刃向かう人を根絶することが目標ですので、経済は二の次=「経済は成り立たない」のです。
それゆえ、永遠に増税となるでしょう、消費税だけでなく。

働くために生まれてきたわけではないから

Oh my gosh...!!

まるで脳天を鈍器なようなモノでドーンと殴られたような気分っ・・・

責任転嫁や必要以上の会議や人間関係に時間を使う

あぁ、、あるある!!

日本式の働き方というところに問題があるんだろうな・・・

■ 個人的に思う、もうコレ辞めたら?? in Japan!!

もう、コレ、辞められないだろうけれども、辞めちゃいましょうよ!!
必ず会社に行かなければならない。という決まりを撤廃。
これ!絶対になくせ!って訳ではないですが、例えば小さい子供がいる女性とかね・・・
子供を育てながらも家で働ける環境というを作ってあげられれば人が足りないということも防げるかもしれないし・・・

日本の労働生産性の低い理由まとめ

①働き方の多様性に対応することができない ②働かないということに対する日本社会全体の罪意識



あぁ日本のことを生産性低いとか言いやがって、腹たつなぁ!

と思っていたのですが・・・・

今回、いろいろと調べてみて逆にちょっとショックを受けてしまいました。。。

そりゃ、生産性も悪いわ!

ただ、最近の若者(自分含)は合理的なマインドにシフトしつつあるから、、、今後向こう10年、20年後にはまたガラっと変わっている社会になっているのではないかと推測します。


とりあえず、今日はここまで。

OTA

関連キーワード
オピニオンの関連記事
  • 「終身雇用という制度は危なすぎる」
  • 〜風邪で休めないあなたへ〜そんな社会に物申す!
  • 「ゴルフという激高コストなスポーツに物申す!」
  • 「あぁ腹立つ!日本の労働生産性が低いと言われている理由!」

Twitterでフォローしてください

おすすめの記事
はじめまして。
雑記
OTAのプロフィールです。 この人間を形成してきた要素が載ってます。...